駅エリア特集

駅エリア特集【名東区本郷】都市部&郊外への良好なアクセスと豊かな自然が身近にある住宅地 ~ 名東区役所・猪高緑地・日吉神社

今回ご紹介する「本郷」駅は、以前にご紹介した「本⼭」駅「東⼭公園」駅「⼀社」駅「藤が丘」駅と同じ地下鉄東⼭線沿線の駅です。

地下鉄東⼭線「本郷」駅

「上社」駅以東は地上を⾛る地下鉄東⼭線。そのため、「本郷」駅も⾼架式の駅となっています。
駅前にはバスロータリーがあり、バス便も豊富です。

▲地下鉄東山線「上社」駅〜「藤が丘」駅間は高架式となる
▲バスロータリーもあるため香流エリアにもアクセス良好

駅の南側には東⼭通、その上には⾼架式の⾼速道路が⾛っています。「本郷IC 」もあり、都心や郊外へのアクセスも快適。
駅の南東側にある「名古屋IC 」は、東名⾼速道路の出⼊⼝であると同時に、東名⾼速道路と名古屋第⼆環状線を接続するジャンクションの機能も併せ持つめずらしい道路構成。

▲GoogleMapより。インターチェンジとジャンクション両方の機能を持つ「名古屋IC」

東山通から名二環と東名高速に乗り入れる車が集まるため、このエリアの幹線道路は市内でも⽐較的交通量の多いゾーンになっています。

「本郷」駅周辺の町並み

名東区の基本的な地勢は、東⼭通を中⼼としたすり鉢状の地形。

「本郷」駅周辺も同様、駅から南北にかけて緩やかな上り坂となっていますが、息が切れるほどではありません。

駅前は近隣商業地域、駅の南北は住居専⽤地域に指定されており、駅前にはタワー マンションも建っています。駅から少し離れると⼀⼾建てや低層マンションを中⼼ とした街並みです。

▲用途地域マップより。駅の南側にある東山通は「本郷IC」があるため交通量が多いものの、徒歩5分ほどで静かな住宅街となる。

店舗や施設の規模を「⼀社」駅や「藤が丘」駅と⽐較してみると、少し違いがあり ます。

「本郷」駅前は⾼速道路のICなどがあるため幹線道路の交通量は多いものの、⼤規模な店舗が少なく、駅の北側に関しては駅前すぐから住宅街が広がっています。

つまり、他の駅よりも住宅地としての側⾯が強いことが特徴。また、他の東⼭線の駅と⽐較して⼾建ての⽐率が⾼く、⼀⼾あたりの敷地⾯積が広い印象です。

▲駅徒歩5分くらいのエリアに大きな邸宅がいくつもある
▲一戸あたりの敷地面積が広く、庭や生垣もよく手入れされている印象
▲「上社公園」そばの住宅街。高い建物がないため空が広い!

編集部イチ推し!ライフインフォメーション

生活利便施設

名東区役所など

「本郷」駅から徒歩5分の距離には『名東区役所』があります。
⾏政上の⼿続きなどが駅徒歩圏で済ませられるのは非常に便利。その他にも法務局の出張所や⾦融機関が駅前に揃っています。

▲「名東区役所」の桜も見事に咲いていました
▲昭和の新興住宅地である名東区には美しい並木道が豊富。区役所前の並木道は「明徳公園」へ続いています

お店のあるエリアも⽣活に根付いた⼩さなお店が多く、駅の北側を南北に通る県道 56号線沿いやその脇道におしゃれなカフェなどが点在しています。

トップワン本郷店

⽣活施設としては、駅周辺にスーパーがないのがネックと⾔えますが、北へ徒歩10 分の距離に『トップワン本郷店』があるため、駅の北側であれば徒歩でも可能でし ょう。

▲深夜0時まで営業しているため共働きでも利用しやすい

以前は駅前のマンション1 階に⼩さなスーパーが⼊っていたのですが、マンションが建て替えになり、1階には『クリエイト薬局』が⼊りました。

▲駅前に薬局があるのは何かと便利

駅前通りやその脇道に点在するおしゃれなお店を⼀挙紹介

couvert à la maison(クーベル ア ラ メゾン)

株式会社マルミツポテリが運営するホームユースの⾷器ブランド『sutudio.m』のショップ。
同社が展開する『食堂PECORI』やアパレルショップ『bobine』も隣接しています。

煮物にもどんぶりにも使えるちょうど良い深さのボウル、パスタにもカレーにも使いやすそうなプレート。
店内には、和食にも洋食にも程よくフィットする、普段使いに絶妙なデザインのテーブルウェアが並んでいます。

▲店内には暮らしをイメージした展示コーナーも。普段使いしやすそうなテーブルウェアはお料理の意欲や想像が膨らみます

『studio.m』が伝えたいコンセプトは「食事は楽しい」ということ。
食べることだけでなく、調理の過程や片付けまでも楽しくなるようなテーブルウェアは、生活そのものを彩ってくれます。

▲店内中央にある季節ごとのテーブルコーディネート提案も素敵

隣接する食堂PECORI、bobineの3つのお店を運営するマルミツポテリ。
4/20から3店がコラボするイベント「3LIFE」を開催中。
『couvert à la maison』では、アフタヌーンティをテーマにた春らしい食器を提案しています。

住所:名古屋市名東区藤森2-285-1
TEL:052-777-0556
開店時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日
HPはこちら

⾷堂PECORI (ペコリ)

『couvert à la maison』の隣にある食堂カフェ。
『studio.m』の⾷器で提供される定食は、旬や素材の魅力、栄養バランスにも配慮されたからだに優しいごはんです。

▲マルミツポテリが運営する3店舗の真ん中にあるのが『食堂PECORI』。アンティーク調の外観は南欧の街角のよう・・・(イメージです)
▲厨房が見える店内風景。アンティーク調の家具で統一されている

ランチタイムはいつも混んでいますが、カフェタイムは比較的空いています。
3月某日、「春の訪れを感じるペコリご飯」Aランチをいただきました。

▲旬の野菜を中心に、味付けも濃すぎない体にやさしい定食で心も満足(定食が美味しすぎて桜アイスの写真撮り忘れました。ごめんなさい…)

・春野菜と蒸鶏の薬味ソース
・山椒とひじきのご飯
・長芋の味噌汁
・鶏そぼろとアスパラの卵豆腐
・新牛蒡の含め煮
・うどとグレープフルーツのピクルス
・桜アイス

※定食メニューは月毎に変わります。

店内インテリアはカフェっぽいものの、定食は和食に近いメニュー。
優しい味付けの中にも、山椒のピリッとした風味やピクルスの酸味がアクセントになっていて、一口一口が楽しく、大満足のランチでした。

住所:名古屋市名東区藤森2-285-1
TEL:052-777-0678
開店時間:11:00〜18:00
定休日:水曜日
HPはこちら

bobine (ボビン)

株式会社マルミツポテリが運営する3店舗目、リネン生地と洋服のお店。

カーテンやエプロンなどのほか、素材感を活かしたシンプルなデザインのお洋服は着る人の魅力を引き出してくれそうです。

▲リネンを使った布製品や洋服を扱う『bobine』
▲初夏に着こなしたい素敵なリネンの洋服はセミオーダーにも対応。店内奥2階には工房もある

お洋服はセミオーダーにも対応しており、着るほどに体に馴染むリネンウェアやリネンのウェディングドレスなども展開しています。

4/20〜のイベント「3LIFE」ではエプロンとテーブルクロスを提案中。
母の日のプレゼントにもおすすめです。

住所:名古屋市名東区藤森2-285-1
TEL:052-777-1238
開店時間:10:00〜18:00
定休日:水曜日
HPはこちら

KIKA

以前はnitiboという店名のスパイスカレー専門店でしたが、2022年秋にリニューアル。
「スパイスのある暮らし」をコンセプトに、⼼や体をいたわるスパイスを使⽤した⾁や野菜のお料理が楽しめるようになりました。

▲『KIKA』は創業40年以上の地元⼯務店「木の香の家」がプロュースするカフェ
▲⽊やタイルなどの素材を使った店内の空間も素敵です

住所:名古屋市名東区藤森2-286 ステイタスビル1F
TEL:052-715-3650
開店時間:11:00〜15:00 (L.O.14:30)
定休日:水曜日
HPはこちら

オコメコウボウ

長年地元で営業するお米屋さん。
リニューアルした店舗は米糠をイメージしたデザインが印象的です。
人気のテイクアウトのおにぎりは手作りの具材入り。
「猪高緑地」や「明徳公園」でのピクニックでほおばったらおいしそうですね!

▲手作りのおにぎりが大人気。店内で精米もできる。雑穀の種類も豊富

伝説の超ナゴヤ人」では、オコメコウボウの店主・鈴木さんのインタビュー記事がご覧いただけます。

住所:名古屋市名東区本郷2-4
TEL:0120-22-0781
開店時間:9:00~19:00

エーテル

駅から北へ徒歩3分ほどのところにある焼き菓⼦やケーキ、キッシュが⼈気のカフェ。
小さな店内はシンプルながらも味のあるインテリアで、14席とこじんまりしています。
ランチタイムはキッシュとケーキが両方味わえる「エーテルプレート」が人気。

▲レンガ調のマンション外観もかわいい。店内は厨房が見える内装になっています

この日はチーズケーキとアップルパイをテイクアウトしました。
ザ・王道ながら、丁寧さを感じる味わいで贅沢な昼下がりになりました。

住所:名古屋市名東区本郷2丁目54−1
TEL:052-777-3330
開店時間:11:30~19:00
定休日:火曜日、第1・3月曜日

L’oiseauBleu (ロワゾブル)

国産⼩⻨粉ときび糖を使⽤した、優しく奥深い味のスコーンや焼き菓⼦のお店。
ちょっとした手土産にもおすすめです。

印象的なデザインの店構えはパリの街角のよう。(最後にパリ行ったの20年前やけど・・・)
通りからガラス張りの厨房が見えるようになっています。
小さな店内にはイートインコーナーも。

▲『L’oiseauBleu』という店名はフランス語で「⻘い⿃」という意味。可愛らしい焼き菓子は手土産に最適。アップルパイとスコーンは甘さ控えめで優しい味わいです

住所:名古屋市名東区本郷2-115 第2藤ビル 1F
TEL:052-726-6672
定休日:日曜日・月曜日
HPはこちら

musico

物静かなオーナー⼆⼈が経営するギャラリーカフェ。
アンティーク調の店内は落ち着いて読書をしたいときなどにぴったり。

▲白い壁にグリーンとさりげない存在感の店構え
▲店内は落ち着いた雰囲気。アンティーク調のインテリアが読書空間にぴったり

住所:名古屋市名東区上社2-59 1F
TEL:052-774-0266
HPはこちら

⾷堂うさみ

この道40年のご主⼈と管理栄養⼠の奥様が営む家庭的な雰囲気の定⾷屋さん。

定休日は「水曜・日曜・疲れてしまった日」と、無理しない姿勢がこの街らしい。
ランチは880円と良⼼的です。
この⽇は取材に協⼒してくれたママ友親⼦とランチをいただきました。

▲ご夫婦二人で営業する小さな定食屋さんはお手頃価格で平日も大人気。ほっこりとした家庭の味が嬉しい

住所:名古屋市名東区藤森2-292 音羽本郷ビル 1F
TEL:090-6463-3143
開店時間:11:30〜20:30
定休日:水曜日・日曜日・疲れてしまった日

アトリエ凛花

花束のセンスが良いと地元で評判の花屋さん。
以前本郷に住んでいたママ友がいつも部屋に飾っているお花がとても素敵で、思わず「どこで買ってるの?」と聞いて教えてもらったお店です。

▲店頭からセンスの良さが溢れてます
▲店内に入るとお花の香りで心も一杯に
▲1,000円で作ってもらった花束は可愛くて悶絶!

住所:名古屋市名東区藤森2-244
TEL:052-772-7150
HPはこちら

おすすめスポット

明徳公園

広々とした敷地の多くを⽊々に覆われた公園。
市内の中でも⾥⼭の⾃然を感じられる貴重なスポットです。

▲「芝生広場」は「本郷」駅からも歩いて行けるエリア
▲体をいっぱい動かせる遊具

「本郷」駅からも歩いて15分程度の距離にある「芝⽣広場」には遊具もあり、家族でのピクニックにも最適。気候の良い季節には⾞を使わずに気軽に訪れることができます。

▲春はカラフルな花も見頃
▲園内は起伏のある地形のため、散策するだけでも足腰強化に。雑木林に向かってダッシュする後ろ姿、どこかで見たような…

⾃然と触れ合いたいときや、のんびりと過ごしたいときにオススメのスポットです。

猪⾼緑地

名古屋市内とは思えないほど豊かな自然が残る、66haと広⼤な面積を誇る緑地。
都会の喧騒から逃れて豊かな⾃然と触れ合うことができます。

▲広大な緑地内には遊具のある広場や芝生広場、ザリガニが採れる池などさまざまなスポットが。いつも地元の子どもたちで賑わっています

「塚ノ杁池」周辺は「本郷」駅からもなんとか歩いて⾏けるエリア。
駅の南側に住んでいる⽅には⾝近なスポットと⾔えるでしょう。

訪れた⽇は桜が満開。新緑 が美しい春〜夏は気持ちのいい散策が楽しめます。

▲池の周りは散策やウォーキングにぴったり。自然と触れ合える空間は子どもの情操教育にも良い影響がありそう

市街化が進む名古屋市内でも美しいナラの原⽣林や⽵林など多様な⾃然があり、⿃や昆⾍、植物など⾃然の⽣き物を観察することもできます。
かつてこの地域にあった雑⽊林は、住⺠にとって薪や炭、⽵などを採取するための場所。丘陵地の地形を⽣かした「ため池」や「棚⽥」で⽶づくりも⾏われていました。

▲雑木林には竹がたくさん
▲冬場は霜柱をザクザク踏み締めて歩くのも楽しい

本郷公園

本郷小学校に隣接する公園。小高い丘になっており、美しい紅葉が見られると評判です。
園内にはグラウンドが2つと遊具のある広場、散策ができるエリアなどがあります。

▲駅徒歩5分でこの環境!手軽にマイナスイオンを浴びられるのが名東区の魅力!

上社公園

上社小学校に隣接する公園。
ボール遊びができるグラウンドと遊具がある小さい子向けの広場が分かれているため遊びやすい。
訪れた日は桜が満開でした!

▲訪れた日は桜が満開でしたが、子どもたちの遊ぶ姿が中心で人混みはなく快適でした

⽇吉神社

毎度おなじみ、偏見シリーズ「素敵な住宅街には素敵な神社がある」。
「本郷」駅にも、駅徒歩5分の距離に素敵な神社がありました。
旧上社村の鎮守社である『日吉神社』は、「御嶽⼭」の⼭岳信仰である「御嶽信仰」の歴史を持つ宗教法人でもあります。

▲「本郷」駅から徒歩5分、緑に囲まれた癒しの空間

高台にあり、いつも⼿⼊れが⾏き届いた境内は背の⾼い⽊々に覆われた気持ちの良い空間。
雰囲気も厳かで、まさに「悠久」とい⾔葉がぴったりです。
年に⼀回の例⼤祭のもちまきは地域住⺠にも⼈気のイベントです。

▲境内を奥に進むと、⾚い⿃居の連なる神秘的な階段がありました
▲階段の先は神秘的な空間

住所:名古屋市名東区上社2丁目45-1

取材後記

東山通をドライブするときは交通量が多いイメージの「本郷」駅。
しかし、幹線道路を横道にそれると大きな家が並ぶ落ち着いた住宅街が広がっています。
春休みだったこともあり、公園にはいつも子供たちの姿がありました。

バス・地下鉄などの公共交通機関だけでなく高速道路を利用すれば郊外へのアクセスも良好。
かつ、雑木林や里山など、名古屋市内とは思えないほど豊かな自然とも触れ合うことができます。

「便利な街に暮らしたい」と「自然に触れ合いたい」を両方叶えてくれる街です。

ABOUT ME
アバター画像
veronica
名古屋在住の不動産ライター。方向音痴の宅建士。大学卒業後不動産仲介営業を経験し、結婚で名古屋に転居。現在はポータルサイトで不動産コラムの執筆や企画などを中心に活動中。自称和装が似合うマダム。高校生と小学生のママで、星野源が好きです。