あつまれAEONの森

あつまれAEONの森【ニュース】新生「イオンビッグ株式会社」が誕生/11月頃OPEN予定「(仮称)ザ・ビッグ大垣店」の下見に行ってきたなも!

あつまれAEONの森のイオえもんです。今回から名古屋の駅特集だけでなく東海3県のイオンに関するホットな情報にも触れていくことになりました。

ちょうど3月1日付でザ・ビッグを運営するイオンビッグ株式会社(名古屋市)が同じイオングループのマックスバリュ南東北株式会社(仙台市)と合併したことで名古屋のザ・ビッグでもセールをしています。

新生「イオンビッグ株式会社」の誕生

▲イオンビッグ株式会社の本社は名古屋市中村区にある。

「イオンビッグ」と「マックスバリュ南東北」の合併

「イオンビッグ」はもともとイオンリテールが運営していたザ・ビッグエクストラやメガマートなどのディスカウントストア(以下DS)事業を2011年に分社化してできた会社です。奈良県や栃木県にも店舗はありますが東海地方に店舗が多かったことから名古屋に本社を置いていると思われます。

一方の「マックスバリュ南東北」も2009年にイオンリテールのGMS事業専業化に伴い南東北地方(主に宮城県と福島県)のマックスバリュ事業が分社化されてできた会社です。社名にマックスバリュの名前は付いている通り当初運営していた店舗はマックスバリュでしたが、現在は業態を変更し全店舗ザ・ビッグになっています。

▲イオンビッグ統合記念セールのチラシ 東海地方に店舗が多い。

合併したことで

イオンビッグの売上高2187億(2023年2月期)とマックスバリュ南東北の売上高478億円(2023年2月期)を合わせて、単純計算で2665億円となります。

前イオングループ中期経営計画(2017~2019年度)ではイオンのDS事業の売上高を1兆円にすることを目標としていたことからも、現在もイオンのDS事業の拡大を目指していると思われます。

代表的なDS系の会社と比較

企業名 売上高
ドン・キホーテ 7530億円(2023年6月期)
トライアルカンパニー 5974億円(2022年6月期)
オーケー 5524億円(2023年3月期)
ロピア(DS?) 2695億円(2023年2月期)
新生イオンビッグ 2665億円?
大黒天物産(ラムーなど) 2422億円(2023年5月期)

イオンビッグ単体だと1兆円にはほど遠いですが、イオングループでは首都圏に展開する「ビッグ・エー」やイオン北海道やフジ(元マックスバリュ西日本の店舗)などが運営する「ザ・ビッグ」も存在するため実際のDS事業の売上高は5000億ほどありDS業界は現在拮抗しているように見えます。

ただ今回の合併はイオンビッグ自体の規模拡大というよりかは、近年イオングループではイオンリテールが清水商事やボンベルタを吸収合併したりと不採算部門の整理を積極的に行っていることからも、同様に赤字が続いていたマックスバリュ南東北の事業整理の一環の面もあると考えられます。

統合記念セールの開催

新生イオンビッグが誕生したことで3月から店舗では統合記念セールが開催中しています。

ただのイオングループ内の合併ですが、ただでさえ安いDSでセールが開催されるとさらにお買い得になるため客からしたら非常にうれしいですね。

▲第2弾もセールが実施された。もっと開催される?
▲イオンペイ払いだとWAONPOINT5倍でうれしい。

名古屋に本社を置くイオンビッグと、仙台に本社を置くマックスバリュ南東北だからこそ両方の都市の名物料理が一緒になった祝!統合記念弁当も発売していました。

名古屋名物の味噌カツと宮城名物の鮭はらこ飯が入ったお弁当。

▲味噌カツと鮭はらこ飯が入ったお弁当がこの値段なのは驚き。

(仮称)ザ・ビッグ大垣店の下見に行ってみた

新生イオンビッグ誕生の話題とは直接的な関係はありませんが、3月8日に大規模小売店舗新設の届出があり岐阜県大垣市に新しく「(仮称)ザ・ビッグ大垣店」ができることが分かったので現地に行ってみました。

大規模小売店舗の新店の届出の情報

名称 (仮称)ザ・ビッグ大垣店
住所 岐阜県大垣市中野町二丁目64番1外
開設日 令和6年11月5日
店舗面積 1931㎡
駐車台数 69台

元スーパー三心河間店跡地

どうやらここは2022年に閉店したスーパー三心河間店があった場所のようです。その跡地に(仮称)ザ・ビッグ大垣店が出来ると思われます。工事の着工は4月からのようなのでまだ工事は始まっていないような雰囲気でした。11月頃のオープンが楽しみです。

▲現在もスーパー三心の立て看板が残っている。
▲道路の開通もあり土地が分断されている。
▲元々店舗があった場所は更地となり工事用の駐車場代わり?

元々あったスーパー三心河間店の住所が「大垣市河間町1-65」だったのに対して、届出の住所が「大垣市中野町2丁目64-1外」でした。

道路で土地が分断されてしまっているので店舗がどのような配置になるかはまだ分かりませんが、おそらく通りに面した側にも駐車場や入口を作るのではないでしょうか。

まとめ

最近名古屋にもトライアルやラムーなどのDSが多く進出してきています。名古屋に本社を置くイオンビッグだからこそ東海地方のDSと言えばザ・ビッグと言われるくらい強くなって欲しいですね。

ただイオンビッグとしては既存の店舗のリニューアルを積極的にやっているようですが、名古屋市内にあるザ・ビッグエクスプレス(元ナフコの店舗)はなかなか改装されず古い内装のままなのでもう少し手を加えて欲しいなぁ~と思うところです。

ABOUT ME
アバター画像
イオえもん
1992年名古屋生まれ。2007年にイオンに目覚め、現在は医療従事者として働く傍ら東海地方のイオンを中心に全国飛び回っています。毎日イオンを補給したいがためにイオンの真横に引っ越したくらいのイオン好き。イオン好きの視点から東海地方のイオンの魅力を紹介していきます。